読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌市 司法書士 黒瀧文恵のブログ

仕事のこと、趣味のこと、日常のあれこれについて綴ったブログです

自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット・デメリット

 

f:id:fumiekurotaki:20161110134442j:plain

 

こんにちは。

札幌在住の司法書士黒瀧です。

今日は遺言についてのお話しです。

 

遺言もいろんな種類がありますが、今回は自筆証書遺言と公正証書遺言について書きます。

 

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、遺言者が遺言の全文、日付及び氏名を自書し、押印して作成する方式の遺言です(民法968条)。

自分で作成して、自分で保存します。

私の祖父も自筆証書遺言を作成していて、亡くなったあと母が家の片付けをしていたら遺言を発見したそうです。

 

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述し、公証人がこれを筆記し、遺言者及び証人に読み聞かせ、公正証書による遺言書を作成する方式の遺言です(民法969条)。

 

自筆証書遺言のメリット・デメリット

メリット

1.作成費用がかからない

紙とペンと印鑑があれば作成できます。

このメリットが一番大きいですね。

 

2.自分ひとりで完結することができる

公正証書遺言だと公証人の関与が必要ですが、自筆証書遺言はひとりで書くことができます。

 

3.遺言の内容を秘密にできる

2とも共通するのですが、自分ひとりで書いてひとりで封をすることができるので、遺言の内容を誰にも知られることがありません。

 

デメリット

1.方式不備や内容不備で無効になる可能性がある

遺言は厳格な要式行為(民法に規定された通りのやり方で行わなければならない)のため、不備があると無効になってしまいます。

 

2.遺言書を誰にも発見されないかも知れない

せっかく書いたのに誰にも発見されなかったら悲しいですね。

生前に遺言の保管場所を家族に伝えておけば防げます。

 

3.一部の相続人に改ざんや隠匿される可能性がある

こういうことはあまり考えたくはないですが、遺言書を発見した相続人がこっそり他の相続人にばれないように内容を書き換えたり、捨てたりするかもしれません。

 

4.家庭裁判所の検認手続が必要(民法1004条)

遺言の保管者(保管者がいない場合は遺言を発見した相続人)は、相続の開始を知った後、遅滞なく、家庭裁判所に提出して、検認を請求しなければなりません。

 

公正証書遺言のメリット・デメリット

メリット

1.方式不備や内容不備で無効になる可能性がほぼない

公証人が関与して作成しますので無効になる可能性はゼロに近いです。公証人は元裁判官や元検察官等の法律の専門家です。

 

2.遺言書を誰にも発見されないという事態になりにくい

遺言書は公正証書役場に保管されますので、遺言を作成したことを家族に伝えておけば、死亡後に家族が家中を探し回るということもしなくて済みます。

 

3.改ざんや隠匿されることがない

公証役場に保管されますので、一部の相続人による改ざんや隠匿は不可能です。

 

4.家庭裁判所の検認手続が不要

自筆証書遺言のような家庭裁判所の検認手続は不要です。相続人の負担が減ります。

 

デメリット

1.作成費用がかかる

やはり費用がかかることが一番のデメリットです。

まず手数料を公証役場に支払う必要があります。手数料は目的財産の価額や相続人、受遺者の人数によって変わります。

証人2人の立会いが必要なので証人への報酬も支払うことになります。

遺言書原案の作成を司法書士や弁護士に依頼すれば、その報酬も支払うことになります(これは自筆証書遺言でも同じです)。

 

2.遺言の内容を秘密にできない

公証人と証人2人が関与するため、遺言の内容は知られてしまいます。もちろん公証人と証人は秘密保持義務があるので外部に漏れることはありません。

 

まとめ

自筆証書遺言と公正証書遺言、それぞれに一長一短がありますね。

これ以外の遺言の種類もあります。

遺言の内容だけでなく、どの種類の遺言にするか決めることも重要ですね。